うつ病の種類を確認【身体にもさまざまな症状】

男性

いろいろな病気と薬

医者

それぞれ症状も違います

うつ病には実は何種類の症状があり、それぞれ治療の方法も処方される抗うつ剤も変わってきます。しかししっかりと医師に症状を伝えなければ、診察のときに医師が誤診してしまう可能性があるため、注意しなければなりません。まず多くの人がよく言われるうつ病というものは、抑うつ病と呼ばれるもので、自尊心が低下し、ため息を何度も吐き、「自分はいらない人間なのかもしれない」とマイナスな思考ばかり言葉にし、笑顔も見せなくなり、その影響から身体にもさまざまな症状があらわれることがあります。この病気の場合は脳内にセロトニンという脳内神経細胞を分泌させる抗うつ薬を処方されることが多くあります。そのほかの種類では双極性障害という病気があります。これは躁うつ状態と抑うつ状態が交互にあらわれる病気で、抑うつの場合はうつ病と同じ症状があらわれますが、躁うつの場合はいきなりかなり高いテンションとなり、暴れたり、大声で叫んだりするなどのようなトランス状態になります。この病気の場合は、打つ症状が強い場合は抗うつ薬を処方されますが、そう状態が強い場合は抗躁効果のある薬が処方されることがあります。そしてもう1つのうつ病の種類では、適応障害があります。適応障害は仕事や学校などの環境から発症することが多く、その場所へ行かなければ行けなくなったときに心身症のような症状があらわれることがあります。この病気の場合は、抗不安薬が処方されることがあります。どの病気も精神を安定させ、回復することができるように治療するために処方される薬です。それぞれの病気の種類にあわせて処方するため、患者はしっかりと症状を伝えることが重要です。特に抑うつ病と双極性障害は誤診されやすいといわれており、双極性障害を患っているのに抑うつ病と診断され、抗うつ薬が処方されるケースもあるためです。双極性障害となっていれば抗うつ薬を処方されても効果が表れることはほとんどないといわれています。そのため、うつ病と診断されたはずが、薬を飲んでもまったく効果を感じられない場合は、別の病院で診断を受けることが良いこともあります。薬の種類はいろいろとありますが、その効果も違ってきます。抗うつ薬はセロトニンという、脳の働きを安定させながら活性化させる脳内神経伝達物質の1つで、うつ病はそのセロトニンが不足してしまったことから発祥しているのではと考えられています。そして双極性障害で処方される薬の1つである抗躁効果のある薬は気分安定薬とも言われており、その名の通り躁の状態の気分を落ち着かせる薬となっています。そして適応障害で処方される抗不安薬は、仕事や学校から感じてしまう不安や緊張を軽減させるために処方されるもので、その症状を取り除くことで治療していく薬です。